20代は投資を頑張らずに本業や副業を頑張るべき理由【入金力が大事】

no name
どうも、新卒1年目から株式投資をしています。ろいど(@Roido_1995)です!

 

今日は20代から「投資を始めたら投資に手間をかけずに、入金力を上げていくべき」といったテーマで解説していきます!

 

  • 20代で投資を始めている
  • 低給料から脱却するために投資を始めた
  • インデックス投資が退屈と感じてきた
  • 投資に手間をかけ過ぎかなと感じている

先日、こんなツイートをしました

 

 

 

インデックス投資や優良ETFへの積立投資が退屈と思ったり、最近投資に時間をかけ過ぎかなあと感じていませんか?

この記事では20代が投資をする際に、手間をかけ過ぎてはいけない理由を紹介します。

何故なら僕自身投資をしていて投資リターンを追求するより本業や副業からの収入を増やして入金力をまずあげるべきと感じてきたからです

この記事では、なぜ投資に手間をかけ過ぎてはいけないのか、なぜ入金力を上げるべきなのかを知ることができます

そして、投資は時間をかけすぎなくてもいい理由がわかるようになるはずです

 

  • なぜ若年期には投資より稼ぐことの方が大事なのか
  • 投資における原資の大切さ

 

 

 

20代は投資に力を入れず本業や副業を頑張るべき理由【入金力が大事】

 

1.投資では入金力がモノを言うから

投資では入金力がモノを言います、理由として原資の大きさが利益に直結するからです

例えば、持ち金が1億円あるのと100万円では20%のインパクトは違ってきます

一億の20%2000万に対し、100万の運用だと20%の利益をあげても20万円です

見るからに増える額が違います

 

投資の神様と言われているバフェット氏でもリターンは約20%

100万運用していて運用成績が素晴らしく20%の利益が出たとしても20万円のみの利益となってしまうのが現実です

 

こうした投資では入金力の影響が大きいという理由から

投資のことを勉強しまくって乏しい入金力でリターンを上げるより、入金力をあげてほどほどのリターンを得ながら人的資本に投資をしていく方がよいでしょう

 

Aさん:手取り年収300万円から50%投資(月12.5万円積み立て)、年利10%

Bさん:手取り年収600万円から30%投資(15万円積み立て)、年利7%

 

→5年後のリターンを比較します

 

Aさん Bさん
1年後 76.6万 185.9万
2年後 133.6万 385.2万
3年後 522万 599万
4年後 734万 828万
5年後 968万 1073万

 

Bさんは手取り年収から3割程度の投資ですがAさんの5割投資より高リターンです

やっぱり稼ぐ力があり入金力が高いとほどほどのリターンでも、十分に結果が出せていることがわかりました

 

このことから投資を始めるにあたって投資リターンを高める前に入金力をいかにして高められるかがポイントなると考えます

 

では入金力をどう上げるのか?というと2つ挙げられます

1つは本業でいうとスキル、経験、成果を高めて給料を上げたり、転職する

2つ目は副業で稼ぐことです

 

20代ではまだまだ給与の伸びしろがあるでしょうから本業で伸ばすことも副業で伸ばすこともしやすいです

なので投資に時間をかけて投資リターンを上げることをに時間を使うより、入金力を高めたほうが後々効率が良い投資ができると言えます

 

 

2.相場は裏切るけど自己投資は裏切らないから

https://mainichi.jp/articles/20190508/k00/00m/020/280000c

https://mainichi.jp/articles/20190508/k00/00m/020/280000c

 

正直相場は誰にもわかりません、ニュース一つや大統領の何気ないツイート一つで急落することもあります

持ち株を研究していたのに粉飾決算がバレて減配と共に株価が叩き売られることもあります

 

最近の例ではクラフトハインツ【KHC】やアンダーアーマーが【UAA】が有名ですね

自分が手間掛けた分必ず報われるわけではないというのが相場の価格変動リスクです

 

一方、自己投資では頑張った分お金を生んでくれる「無形資産」となります。

自己投資は経験やスキルとなるからです

 

LIFE SHIFTでは貯金や株、投資信託といった金融資産だけだなく、

スキル、経験、知識、健康といった無形資産を如何にして形成していくかがポイントと言っています

 

仮に100万投資していたとして、年間に投資で10%のリターン

つまり10万円の利益を上げるより身に付けたスキルや経験を生かして毎月副業で2万円稼ぐ方が2倍大きいリターンを得ることが可能です

 

無形資産は相場の価格変動と比べると圧倒的に自分でコントロールしやすく、努力した分自分に返ってくるので自己投資は裏切らないと言えます

 

 

まとめ:20代が投資に力を入れ過ぎてはいけない理由

 

ここまででなぜ20代が投資リターンを高めることに力を入れ過ぎてはいけないのかを解説してきました、まとめてみます

 

  • 投資では入金力がモノをいうから

入金力あげることに意識しつつほどほどのリターンを得た方が効率的

  • 相場は裏切られるけど、自己投資は裏切らないから

相場はわからないからスキル、知識、経験に投資し「無形資産」を作る

 

 

僕は投資を初めて早1年程度経ちますが、

やっぱり入金力がないと高リターンを叩き出してもインパクトに欠けると感じました。

 

なので、20代の仕事駆け出し期&低給の時代には高リターン銘柄を探すより、

本業や副業でそれなりの稼ぎを作って入金力を高めた方が効率、心理的安全性共に高いと思ってきたのでこの記事を作成しました

 

こうしたいかに稼ぐかが重要になってくる時代にどう行動していけばいいのでしょう?

 

それは好きなことを見つけライフワークにしていく事です

下記記事ではこれからの働き方を提唱する2冊をまとめてみましたので、詳しい内容をぜひチェックしてみてください!

 

橘玲さんの書「人生は攻略できる」

「人生は攻略できる」から学ぶ仕事術

2019.03.29

稼ぎ方の戦略を知りたい人はコチラ

 

尾原和啓の書「モチベーション革命」

【モチベーション革命】感想。稼ぐためだけに働けない!?乾けない世代の働き方とは

2019.11.02

稼ぐためだけに働きたくない人はコチラ

 

 

これからも投資は手間をかけ過ぎず本業、副業のスキルや経験を伸ばし自身の市場価値を高めていきましょう!

それでは!

ろいど


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン  →中小企業に就職 →彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める →FP2級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組む 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました! →現在130万運用中 投資の経験、勉強したことを発信しています