2021年の配当収入まとめ【続けることが大事】

どうも、ろいどです!

2021年はすっかりご無沙汰しおりました、2022年はもっと露出を増やしていきたいと思います笑

ということで、2022年初のブログ更新。

今回は2021年配当金をまとめてみます。

2021年の配当収入まとめ

配当金受け取り推移

 

2021年の配当収入は税引き後で1024.54ドルでした!

2020年は858ドルでしたのでやっと1000ドルを超えてきた形です。

 

ペースが鈍化したのは高配当だけでなく、高配当だけでない配当株を購入していたためです。

 

というのも、高配当株を買っていても株価がヨコヨコではそこまでうま味がないと考えたからです。

2019年に購入したMOがいい例。株価は当時とほぼ変わりません。笑

もちろん配当は良いので売らずにホールドし続ける予定です。

まだ20代だからこそほどほどの配当をとりつつも、キャピタルを狙いたい。

そう思い、ほどほどの配当株・ETFを買う方針にしています。

 

2021年に購入した株と売却した銘柄

購入した米国株
新規購入
  • COST(コストコ)
  • CVX(シェブロン)
  • WM(ウェイスト・マネジメント)
売却した銘柄
  • T(AT&T)

基本的にはHDVとVIGの買い増しでしたが、2021年は3銘柄を迎えいれました!

コストコを買った理由

コストコは日々会員としてお世話になっています笑

コストコはコロナが終わった後でも根強い人気があります。

 

同社はデカいものを安く買えるイメージですが魅力はそこではないのではと思います。

それは、コストコでしか買えない総菜・ブランドです。

丸どりグリルやお徳用のパン・ベーグルといったお買い得なコストコ独特の商材は年会費を更新する理由になると考えています。

他のスーパーではマネできない独特そうざいとコストコブランドは今後も根強い人気の一つになると考え購入しました。

シェブロンを買った理由

シェブロンは日々車を使うのでガソリン代高騰のヘッジ的な意味合いで購入しました。

買いタイミングが良かったのか現在+20%ほどのキャピタルを見込めていてありがたい。

XOMではなくCVXを選んだのは財務健全性が高いのがいいなと思ったためです。

 

ガソリン価格が上がれば出費は増えるもののそれは、同社にとって追い風。

しかも配当が地味に多いのでうれしいです!笑

AT&Tを売った理由

AT&Tは昨年春頃、減配を発表しました。

コンテンツ事業のスピンオフを発表したことによる影響です。

あまり株価も芳しくなく、配当も半減レベルになるとのことで思いきって売却しました。

 

2021年の総括

2021年はリアルと習慣の都合で資産運用から離れてしまいました。

 

そのため毎月の定期買い付けを忘れていたりしました・・・

2022年はそのあたりをしっかりを行っていきたいと思います。

 

あとはブログから離れすぎてブログの書き方を忘れたので、

リハビリしながら定期的に更新していくぞ!笑

2022年もよき配当ライフを。

 

それでは!

ろいど

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン  →中小企業に就職 →彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める →FP2級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組む 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました! →現在130万運用中 投資の経験、勉強したことを発信しています