週6勤務はつらい!週休2日制をオススメしない3つの理由

ろいど

どうも、中小企業で週6勤務をしています。ろいどです!

 

  • 週休2日制の実際を知りたい!
  • 週6日勤務ってきつい

 

この記事ではこんな悩みを解決します。

 

しょっぱなから結論から言うと、週6勤務はつらいです。

というのも僕は新卒で週休2日制の会社で働いており、週6日の勤務が月に2回ほどあります。

なので、僕が1年半で経験した週休2日制の実際と週6勤務で感じてきた結果、週6勤務はつらいと判断した経緯があるからです。

この記事を読んで、どんなことが週6勤務ではつらいのかというところを理解できるので、是非、就活や転職活動の参考にしてみて下さい!

(僕の屍を超えていって下さい!笑)

 

 

週6勤務はつらい!週休2日制をオススメしない3つの理由

そもそも週休二日制とは何か?

週休2日制
→1
年を通じて、月1回以上週2日の休みがあり、他の週は毎週1日の休みがあること

週休2日制は、毎週2日の休みがあるというわけではありません。月1回以上週2日の休みがあり、他の週は毎週1日の休みがあるのが「週休2日制」です。

出所:エン転職

 

文章の通り、週休2日制は月に一回以上週二回の休みがある事です。

毎週2日休みがあるわけではありません。

 

よって週休2日制は月に週5日働く週もあるし、週6日で働く週もあるということになります。

 

週休2日制の割合

平成30年就労条件総合調査の概況より作成

平成30年就労条件総合調査の概況より作成

(全国の16種類の業界の約6400社に渡り厚生労働省が委託した民間事業者がサーチした結果)

週休2日制と週休1日制、週休1日半制といった週に6日勤務をすることが多い企業は46%と約半数であり決して少なくない数です。

また、完全週休2日制の企業は47%とこちらも約半数を占めており、週2日以上休みがあるかどうかは大体2分されているよう。

転職や就職をする際にはこういった制度を導入している企業を志望したり候補になるかもしれません。

しかし、週6日働くというデメリットは無視出来ない存在で正直経験談からしてオススメ出来ません。

その理由を下記で3つ紹介していきます!

 

 

週休2日制をオススメしない3つの理由

理由1.週6勤務は休日までがやたら長く感じる

 

週6勤務は休日までが長く感じます。

当たり前ですが週7日間のうち6日間は働いているからです。

例えば土日休みの場合は水曜日が終わればあと2日だとなりますが、収録勤務の場合はやっとそこで折り返し地点なわけ。

木曜日になると、土日休みの方は明日が金曜日だと言う気持ちになります。

、、がしかし週6勤務の場合は明日と明後日が残っているわけです。

よって収録勤務は長いです9日までが長く感じます。

 

理由2.週6勤務は疲労と疲労と眠気の蓄積がすごい

 

週6勤務は疲労感と、寝不足の間の蓄積がすごいです。

週6勤務では週6日連続で働き続けるので、リフレッシュできる日が少なく疲れと眠気がたまりやすいからです。

月曜や火曜日から残業やハードな業務が来てしまうと折り返し地点に到達するまでに疲労感と寝不足感が蓄積してしまい悪循環になりがちです。

こうしたスパイラルにはまってしまうと疲労感、眠さと戦いながらも業務をする事になるのでしんどさは倍増します。

 

 

理由3.休日はあっという間に終わり次の週6勤務がまた始まる

 

6連勤後の貴重な1日の休みはあっという間に終わります。

なぜなら、その1日でできることを詰め込んだり蓄積した寝不足の解消をしなければいけないからです。

 

例えば僕の場合、お昼前ぐらいまで寝て睡眠負債を解消し、お昼ご飯を作り、恋人や家族家と一緒に過ごしたり、資格の勉強、ブログを書いたりしてすぐ1日が終わってしまいます。

普段平日で適応できないようなことをその1日でやらないといけないので時間がたらないですし1日がすぐに終わってしまうと感じます。

知人や友人、イベント等の用事を合わせにくいのも欠点です。

 

そしてまた次の週6勤務へと調子を整えていくわけです。

極め付けにこの休みに社内イベント等をぶち込まれると発狂します。

 

 

まとめ、収録勤務はたとえ月2回でも憂鬱になるほど辛いので週休2日はお勧めしません

 

週6勤務は精神的にも肉体的にも辛いので週6勤務の可能性がある週休2日は避けた方が良いと考えます。

ここで一旦収録勤務を避けるべき理由をまとめてみます。

まとめ
  • 休日までがやたらと長く感じるから
  • 疲労や寝不足感の蓄積がすごいから
  • 1日しかない休日はあっという間に終わり6連勤がまた始まるから

 

このようにゆとり世代の僕が1年半週休二日制をの仕事をしていた経験を話しました。

これから就活をする人転職する人を参考になってもらえたら幸いです!!

週休二日制はつらいのでまずは完全週休二日制で働くと良いと思いますよ。

 

 

 

それでは!

ろいど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン→中小企業に就職→彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める→FP3級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組み始めました。 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました!