集中力を生み出す5つのプランでワンランク上の集中へ

 

  • 大切なことにエネルギーを使いたい
  • もっと時間を有効に使いたい
  • 仕事を早く終わらせて早く退社したい!

 

って思っているのに

 

  • なんとなく時間が流れてしまう
  • 集中できない
  • いざ作業し始めると他のことが気になる
  • 仕事の効率がなかなか上がらない

 

こんなギャップ感じたことはありませんか?

 

理想の集中力を作るには根気や気合ではありあせん。前提条件があります。

 

その前提が何か知らないから集中するべき時にできなかったり、頭がぼーっとする状態になっています。

 

今回は集中をコントロールする5つのプランを知り、あなたの集中を引き出す手助けとなる記事です。

 

そして、5つのプランを自分なりに活用することで集中より進化させた「柔軟な集中を」引き出すメソッドを紹介していきます。

 

5つの集中をコントロールするプランを知り「柔軟な集中力」を手に入れよう!

 

柔軟な集中力とは何か

 

柔軟な集中力は「集中」と「フロー」の状態にある真ん中の状態です

 

「フロー」とは「もっとも集中して精神状態」と定義されています。「フロー」の状態は人の最高の没頭状態にしますが、自我を忘れてしまうので状態が終わるまでその状態に気づかないというデメリットがあります。

 

「集中」はフローの短いバージョンで意識をある物事に焦点を当てている状態のことです。

 

「柔軟な集中」という状態はこの「フロー」と「集中」の間にある状態のことです。

 

簡単にいうと集中状態のワンランク上の状態ってことです

 

「柔軟な集中」がもたらすメリット

 

柔軟な集中状態を手に入れると、あることに集中する能力を保ちつつ、同時に新しいインプットを受け入れることができます。

 

“柔軟な集中の状態では、多少の邪魔が入ることを許す一方で、ときには新しいアイディアを思いつかせるような半透過性の境界が、精神の回りに張り巡らされる”

 

でも柔軟な集中力ってどうにすればできるんや!

 

ここで集中力をもたらす5つのプランをご紹介していきます

 

5つの集中力をコントロールするプラン

始めに5つのプランを述べておくと

  1. エネルギー
  2. 感情
  3. コントロール
  4. エンゲージメント
  5. コントロール

 

の5つです。

 

以下ではそれぞれの簡単な説明とプランとしてやることを記述していきます

 

1.エネルギー

 

脳のパフォーマンスをいあげるには機能を損なわないようなエネルギーをあたえるひつようがあります

  1. 睡眠
  2. 栄養摂取
  3. 運動
  4. 瞑想
  5. 刺激
  6. つながり

 

からエネルギーは生まれ能のパフォーマンスに影響します

すること

 

  • 睡眠を十分にとる
  • いつも食べる食事に気を使う(野菜中心に食べるなど)
  • 定期的に運動をする
  • 瞑想をする
  • 新しい課題ややり方に取り組む
  • 肯定的な人間関係を作る

 

2.感情

 

感情が集中の邪魔をしないよう感情を制御し、感情にまどわされることを少なくします

 

やること

 

  • ストレスが少ない生活をする
  • 自分の能力、スキルが活かせる仕事をする
  • 自分の感情のクセを知る

 

 

ちなみに寝る前にハーブティーを飲むのも効果的です

鎮静効果があり不眠に効くので感情を落ち着かせると共に不眠にも効きます

  • ローズマリー
  • カモミール
  • ペパーミント

が効果的です

僕はペパーミントティーを好んでほぼ毎日飲んでます

値段も張らないのでおススメです!

ポンパドール ポンパドール ペパーミントティーバッグ 20P

3.エンゲージメント

 

自分の能力を最大に引き出すには自分が没頭できる分野について行動を起こすのが最適解です

 

やること

 

  • 好きで得意で対価がもらえる「スイートスポット」で仕事、副業をする

 

4.仕組み

 

正しい仕組みを取り入れることによって自分をコントロールすることができます

 

やること

  • 目標、計画、スケジュールを立てる
  • 仕組みを考える習慣をつける
  • 仕組みはシンプルにする

 

 

5.コントロール

仕組みや感情、生活習慣をコントロールする

 

  • 環境に自分がコントロールされるのでなくコントロールできる権利をもつ

 

一番大事なのはエネルギー

 

エネルギーの部分は当たり前のように大事だろって思うのではないでしょうか

しかし当たり前に見えるが実際にできてなかったりしていませんか?

 

僕は睡眠や瞑想、運動など大事だと思っていてもおろそかにしていまっていました。

 

自身の生活習慣の見直しはスグにできます。

 

隙間時間や寝る前など1日を振り返ってみてみては如何でしょうか?

 

 

まとめ

 

  • 集中を作るプランはエネルギー、感情、エンゲージメント、仕組み、コントロールである
  • プラスαの集中状態の「柔軟な集中」の状態を目指そう
  • 最良の環境で脳が働いている時、集中は訪れると考える

 

 

 

 

それではまた!

ろいど

 

参考文献

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン→中小企業に就職→彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める→FP3級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組み始めました。 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました!