科学的にメリットが証明された食品「ブルーベリー」え

どうも、ろいどです。

みなさんブルーベリーってご存知ですよね

でもブルーベリーよくたべるよ!って方は少ないのではないでしょうか

 

ブルーベリーって目が良くなる食べ物でしょ?

 

僕も最初はそんな認識でした。

 

確かに目にも良いのですが、それより素晴らしいメリットがあるんです!

 

ブルーベリーを食べることでこんなことが解決できるかも知れません

  • 若さを保つアンチエイジングを行いたい!
  • 忘れっぽい
  • 健康寿命を延ばしたい!

 

ではブルーベリーのもつスーパーパワーを見ていきましょう!!

 

ブルーベリーがもたらす4つのメリット

 

ブルーベリーを食べることによって期待される効果を4つ挙げていきます

  1. 記憶力の向上
  2. ガンの予防効果向上
  3. 心臓病リスクの低下
  4. 糖尿病リスクの低下

 

記憶能力の向上を図れると共に重病を予防できるという大きなメリットがあります

 

病気や記憶能力向上がもたらす栄養とは

 

ブルーベリーに含まれるファイトケミカルです

 

ファイトケミカルは抗酸化作用を持つ栄養のこと。

植物は動物のように動くことができない中、過酷な環境に応答するためファイトケミカルを獲得したと言われています。

 

ファイトケミカルには様々な種類のものがあり

  • ポリフェノール
  • カロテン
  • アントシアニン
  • ルチン

 

などがその一例。

 

この中の、ポリフェノールアントシアニンという2種類の栄養がブルーベリーは他の果物よりダントツに多く含まれているので近年注目されてきています。

 

老化や病気の原因物質から脳や身体を守る

 

人の体は体内の酸化物質によって酸化されることにより病気や老化の原因になります。

 

ブルーベリーに含まれるファイトケミカルは抗酸化作用があるので体内で起こる悪い酸化を抑えてくれます。

 

結果身体の中で異変が起きるのを防いだり、脳の機能が落ちることが予防できます。

 

ブルーベリーの有用性を示す実験

 

ブルーベリーの摂取死亡率が低下する!?

 

  • 栄養学の学術雑誌に載った研究から得られたこと

2つのグループを対象に行った実験です

  • ポリフェノールを沢山摂取したグループ
  • ポリフェノール摂取量が低いグループ

 

の死亡率を比較しました

結果

ポリフェノールを多く摂取していたグループは60%死亡リスクが低かった

凄すぎワロタ

 

  • ヨーロッパで12年以上に渡り行われた研究から得られたこと

 

こちらも2つのグループに分け実験を行いました

  • ファイトケミカルの摂取量が一番いグループ
  • ファイトケミカルの摂取量が少ないグループ

 

を比較しました

 

結果

摂取量が多いグループは摂取量が少ないグループより死亡率が30%低いことがわかりました。

凄すぎワロタ

 

記憶力と脳の活動量があがった事例

アメリカの研究より(Blueberries, the well-known ‘super fruit,’ could help fight Alzheimer’s)

 

  • プラセボパウダーを16週間にわたり服用させたグループ
  • ブルーベリーパウダーを16週間にわたり服用させたグループ

 

を対象に実験を行いました

 

 

結果

ブルーベリーパウダー摂取したグループは

  • 記憶力が向上
  • 言語への単語と概念へのアクセスを向上させた
  • 脳の活動の上昇が見られた

 

 

凄すぎワロタ

 

マウスを用いた動物実験

もはや、結果から

ブルーベリーを摂取させたマウスは運動機能を下げることなく記憶能力の向上させる結果が見られた。

 

凄すぎry..

 

 

ブルーベリー食べろ!

 

 

できればサプリではなく素材のままで!

 

これまで記事を見てきた方はブルーベリーのアントシアニンとポリフェノールが体にいいのか!

じゃあそのサプリ取ればいいのだな!

 

と思ってる方先ずはお茶でも飲んで落ち着いて下記をお読みください

(ちなみに緑茶にもポリフェノールが含まれています)

 

 

ブルーベリーの栄養はアントシアニンやポリフェノールだけではない

 

じゃあブルーベリーにどんな物質が含まれてんの?

これからお伝えしていきます(ざっくりですが)

 

  • ビタミンE

身体を酸化させる活性酸素の攻撃から身を守る働きをする

 

  • ナイアシン

3大栄養素(糖、タンパク質、脂質)からエネルギーを作る

タンパク質を筋肉に変える

 

  • 葉酸

記憶低下の予防

赤血球を作る

 

  • ミネラル(マグネシウム、マンガン、カリウム)

それぞれ用途はあるのですが簡単にまとめると、身体の中で正しい代謝や生理現象が正しく行えるようにする栄養です

 

 

  • 食物繊維

腸内環境を整える

血糖値の急激な上昇を抑える

コレステロールの吸収を抑制

 

 

素材のままパクッと食べるとアントシアニンだけでなく他の植物栄養も取れます。

相互的に体に働きかけることによってよりメリットを享受する効果が期待できるんです!

 

 

まとめ

 

今回スーパーフードであるブルーベリーを食べるメリットを紹介してきました。

まとめると

  • 病気や老化の予防(死亡リスクの低下)
  • 記憶力の向上

 

が一番のメリットであるかと思います。

 

僕はブルーベリーのすごさを知る前は目にいい果物ぐらいの認識でした。

ですが、本や論文を読んでいく中でブルーベリーのもつ凄さに驚き早く食べなければ!という気持ちに陥りましたw

ちなみに僕が食べているブルーベリーはオークランドっていうブランドのものです。

 

探している中で値段が比較的安価で量が多かったので気に入っています

(冷凍庫の中身が余裕ある人向けですがw)

粒も大きくて満足。

 

そのまま食べたり、ヨーグルトやココアに入れたりと、、

 

 

 

ブルーベリーは研究や学術論文が多くとても信頼のできる食べ物の一つです!!

メリットだらけなので気になったら食べてみてくださいね

 

 

それでは!

 

ろいど

 

 

 

参考文献(本)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン→中小企業に就職→彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める→FP3級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組み始めました。 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました!