お金も知識もない僕が株式投資を始めたきっかけ

ろいど

どうも、新卒から米国株投資をしています。ろいどです!

 

この記事では僕が株式投資を始めたきっかけについて話していこうと思います。

意外と今まで話した事がありませんでしたw

自分の投資目的を振り返ることと、きっかけは人によって多種多様なのでシェアできればと思います!

 

 

お金も知識もなかった僕が株式投資を始めようと思ったきっかけ

 

「お金について学ばなければ」と危機感を感じた大学卒業後

 

きっかけは大学卒業と同時に将来への不安が押し寄せてきたからです。

なぜ不安だったかというと、就職を機に10年後には家族の大黒柱に慣れているかどうか

家族を金銭的に支えていけるかどうか自信が持てなかったからです。

僕は大学時代にはバイト代や仕送りをもらうたびに使い果たしていました。

今思えばほとんど浪費として使っており決して賢いお金の扱い方はできていません。

だからまずお金のことを学んでいい使い方が出来るようにならなきゃと思ったのがお金の勉強、そして投資にいきつくターニングポイントとなりました。

2018年3月、とある本に出会い自由人になりたいと決意

 

お金の勉強をしなきゃと思い、本屋に行き手に取った最初の一冊は「ユダヤ人大富豪の教え」です。

 

この本で一番印象に残ったところは世の中には、

自由人(投資家やビジネスオーナー)と不自由人(会社員、中小企業の経営者、公務員)がいる事です。

 

自由人の「しなくてはならないことがとても少ない人生」

不自由人の「やらなくてはいけないことだらけの人生」

どちらを選びたいか?

 

僕は「自由人な人生をおくりたい!」と思いました。

 

そして自由人になって「家事、料理、子育て、旅行も行きたいところへ行くし、大好きな友達や家族との時間を犠牲にしない人生にしていこう」決意。

 

ここからこのビジョンを達成するためにお金の活かし方、投資の世界の扉を叩くスタート地点となりました。

 

 

投資に関する本を読み漁る中で、とんでもない良書に出会い長期投資に辿りいた

 

「経済自由人」になるためにお金の勉強をするためかつてない速度で本を読みました。

学生時代は年に3、4冊しか読まなかった本は3ヶ月で20冊以上は近く読むように。

 

本を大量に読んでいた中で、出会ったのが「インデックス投資は勝者のゲーム」

デートレード、為替、スキャルピング、不動産の本も読んでいましたが

 

「インデックス投資による資産運用」は再現性が高くデータや理論がはっきりしていたので腹落ちしました。

 

この本でS&P500、米国株への投資に興味を持ちました。

その後、2018年8月から2019年2月まで生活防衛をためている中で、

「株式投資の未来」で配当金の魅力に取り憑かれ今に至ります。

 

だいぶはしょっところもありますがこんな具合で僕は長期投資に辿り着きました。

今後とも収入の増大、支出の抑制、長期投資を愚直に行なって自分のビジョンを実現していきたいと思います。

 

まずは今後のリセッションでも振り落とされずに継続できるように、、

 

 

 

みなさんのきっかけはtwitterでも募集しています!

よろしければ教えてください!

 

 

 

 

それでは!!

ろいど


ブログランキングに参加!ポチっと応援よろしくお願いします(´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Fラン大2018卒のサラリーマン→中小企業に就職→彼女との将来が不安になりお金との付き合い方を考え、勉強し始める→FP3級取得 「大切だと思えることが大切にできる時間を増やしたい!」という思いから投資や副業に取り組み始めました。 2019年2月から約1年間の勉強を経て株式投資をはじめました!